2006年06月29日

マロンのこと

マロンのことはなかなか、このブログに書けずにいました。

元飼い主が読んでいること、
レスキューを依頼してきた人が元飼い主の部下である事、
レスキューを依頼してきた人は私の大切な友人である事、
また、放棄したにもかかわらず意味のない電話を元飼い主がしてくること、

そんな理由から、このブログの更新は滞るようになってしまいました。
しかし、友人が元飼い主の部下ではなくなったと聞き、実害はなくなったので
これからは、あからさまにマロンのことを書いていこうと思います。

マロンは明らかにたくさんの虐待にあってきた子です。
マロンの引渡しに行ったとき、飼い主がマロンの前の名前を呼ぶと
マロンはソファに座った私の後ろに逃げ込んで来ました。
元飼い主は言いました。

「この子、頭がおかしいんです。」

現在のマロンをあなたに見せてあげたい。
どこがおかしいのか?

maron004.jpg

元飼い主に「好物はなんですか?」と聞くと
「からあげとアイスクリーム」と答えました。
預かってすぐ、獣医で血液検査をすると、溶血がみられました。
たまねぎ中毒などの時の症状です。その事を伝えると、

「以前、乾燥剤を食べちゃった事があるんですよ〜その時はね、
タールみたいな下痢したけど、自分でガブガブ水飲んで治しちゃったの。
丈夫なんです、あの子。だから平気よ。」

殴ってやろうかと思いましたよ・・・元飼い主さん・・・。
それに価しない人だ、どうか二度と生き物を飼わないでくれと、
自分を諌めましたけど・・・。


そしてひどい肥満状態でした。
頭蓋骨より首の方が太いのです。首輪もこれでは抜けてしまいます。


我が家に預かった当時のマロン
maron003.jpg


現在のマロン
maron005.jpg

現在では高脂血症にまで改善されましたが、まだまだ食事療法は続けます。
人間だって、バランスの良い食事や睡眠をとらなければイライラします。
体調も崩します。どうして犬も同じだと判らないのでしょう。悲しい事です。
マロンを預かって2ヶ月の間、『叱っても大丈夫な子』にするのに大変な苦労をしました。
たくさん怒られ、たくさん叩かれ、たくさん嫌な目に遭った子は自信を無くします。
マロンの眉間にはいつもしわが寄り、目はおどおどしていました。
そんな子を叱ったら、ますます自信を無くしてしまう。

そして、構ってもらえないと、何かに依存しないと自分を保っていられませんでした。
PCに向かっている時、家事に勤しんでいる時、他の子を構っているとき、
必ずと言っていいほど、食器、テーブルの足、ベッドカバーのすそなどに依存してしまいます。
(物品依存を直すため、オモチャや時間のかかるオヤツは2ヶ月の間与えないようにしました)
依存というのは、具体的にはそれをじーーっとみつめて守り、近寄るものを威嚇します。
取り上げようとしたら攻撃しようとします。
物品監守という訓練が入った犬のようになってしまうのです。
何かに依存してしまったら、とびっきりのご褒美(レバーやチーズ)を持ち、
「オフ」とコマンドしながら物々交換をもちかけます。
離したら褒美を与え思いっきり褒める。これを徹底的に続けてきました。

2ヶ月半経過して、やっと、ここ1週間くらいは、ご褒美なしでも、「おいで」とコマンドしなくても
オモチャや時間のかかるオヤツ(ガムやアキレスなど)を与え、
目の前から取り上げても気にしないまでになりました。
咥えている物も、「オフ」ですんなり離すようになりました。

まだまだマロンには課題がたくさん残っています。
初対面の犬に吠えてしまうこと。
自分より大きい犬には威嚇してしまうこと。
他の子を構っていると呼ばれるまでひっくり返ってダダをこねてしまうときがある事。
犬同士の遊びの中に自分から「いれて〜」と入っていけないこと。
(現在は凛に「マロンと遊んで」と誘うように促し、凛に誘われた時のみ遊べます)

それでも、人間が大好きな甘えん坊の良い子です。
おすわりも、伏せも、待ても、おいでもきちんと出来るし、私の帰宅時にはケージの中で
「おすわり、待て」をして扉を開けても「よし」と言われるまで飛び出さないし、
お散歩の時は引っ張らないし、なにより、トイレの成功率が100%です!
(4パピだって、たまにしくじるのよ〜〜偉いわ〜♪)

里親さん、募集中です!


そしてこいつも・・・
r01.jpg

ぴかぴか(新しい)ranking復活参加中ぴかぴか(新しい)

banner_04.gif
    にほんブログ村 犬ブログへ


4パピママの独り言もよろしくねるんるん 4papibn_1.gif 

ニックネーム ちはりん at 08:41| Comment(15) | マロン君の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マロン君、全然別犬になりましたね〜
まだまだいろんな課題が残っている
マロン君だけどほんとよくがんばりました。
うちも譲渡から一年たって必要性を
感じて訓練士さんにきてもらっています。
つくづく犬の能力の高さと自分のふがいなさを
感じてしまいますがとても楽しいです。
きっとマロン君はそんな楽しみを教えてくれる
上級者むけのワンコなんですね。

しかしその元飼い主わけわかんないです。
こんな人は飼い主でも上司でも嫌です。

ジャック君も元気でしょうか?
これから暑い夏だからお互い気をつけましょう。
Posted by ゆきのじょう at 2006年06月29日 12:13
やっぱマロンは美形だわ~♪
色素がしっかりしててアイラインもバッチリ

それにしても〜本当に目が語るようになったわね
この変化は素晴らしい
マロンも人間も頑張ったもんね

可愛い写真をもっともっとキボンヌよ〜☆
Posted by yukari. at 2006年06月29日 15:15
ちはりんさん、ご健在で安心しました。
マロン君、すごい変身ですね。
素晴らしいです!以前、ベルリンのシェルターを訪問した時にスッゴク太った猫が保護されていました。不健康に太らせたという理由で、飼い主から救出したそうです。日常の健康管理はもちろんのこと、病気、怪我の動物を病院に連れて行かないのは、十分に虐待になるらしいです。日本もそうなってほしいですね。
救出に成功したマロン君は幸せものだぁ!
Posted by またたび花子 at 2006年06月29日 15:19
強烈すぎますね、元飼い主。
そういう人に限ってまた飼ってしまうんだろうなと思うと激しくウツです。
Posted by ペシミ at 2006年06月29日 19:05
ちはりんさん、こんにちは。 今回の『プレイバウ』不参加だった『まるみ』です。

マロン君の件やずっと更新しない理由は、そういう訳だったのですね..。 悲しいを通り越して怒りに震える感じです!
いびつな愛情と言うか、自己満足というか...二度と動物は飼うな!!とひっぱたいてやりたい気持ちです。こんな飼い主がまだまだ居る現状は、おかしい世の中です!!。

マロン君も『温かいけど厳しい仮家族』の中で、とても素敵なお顔になりましたね!!
(初めての写真は正直恐かったです。眉間のシワが苦労を物語っていたのですね...。)
マロン君に笑顔が出るようになるまで、もう少しですヨ。暑い中でのトレーニング、とっても大変でしょうけど頑張れ〜!!。

ちはりんさんもマロン君に負けず、『良く寝て、良く食べ』て暑さに負けない様に頑張って下さい!!

PS.遅ればせながら、ベティちゃん決定おめでとうございます。 ちなみに、ジャック君はお元気ですか...?。
Posted by まるみ at 2006年06月30日 00:22
マロンちゃん、チワワらしいお顔になったね。
首が太い...るるもそうなんだよね。
(でも太っているというか...皮のたるみがすごいんだよね)
その元上司は一人暮らしなの?女の人??
群れの中で暮らすワンコとは、家族愛で接しないとね。
独りぼっちで帰ってきた飼い主からも冷たくされたらかわいそ過ぎます。

ところで、そのダックスさんは...(^_^;)
Posted by るるパパ at 2006年06月30日 06:05
 はじめまして。華ママさまの所から遊びに来ました。
 うちで飼っていたアイリッシュセッター(メス・6歳)も「マロン」でしたので、他人事とは思えず、読ませて頂きました。
 私も小学生の頃は、玉ねぎがよくないというのを知らず、よく給食の残りや晩御飯の残りをやってしまっていましたが、それでも乾燥剤が毒だということは知っていたと思います。(現在は結婚できるほど大人ですので、マロンにはドッグフードとほねっこくらいしかあげてません)ですので、かなりびっくりしました。
 色々つらい思いをしてきた分、これからは幸せになるよう、祈っております。
Posted by 嶋本彰 at 2006年07月02日 16:48
★ゆきのじょう様★

本当に目が語るようになってきました。
大きな瞳なので可愛いですね〜〜〜!
ジャックもお陰様で元気いっぱいです!
先日はベランダから庭に飛び降りるという暴挙に!(((爆)))
先代のフラットコーテッドの子ですら飛べなかった高さなんです。
足を怪我しなくて良かったですよ・・ホント(汗)
Posted by ちはりん at 2006年07月03日 03:12
★yukari.様★

可愛い写真もいっぱいあるが、キモイ写真もあるよ(笑)
瞳が大きいだけに、白目むいて寝てる姿はかなりなものです。
みたい?みたいならアップしちゃうぞ。
でも里親希望こなくなっちゃうかも(苦笑)
Posted by ちはりん at 2006年07月03日 03:14
★またたび花子様★

健康管理も飼い主の大きな責任ですよね。
プレイバウでは8月の勉強会は日常のヘルスケアにしようと考えています。
ワクチネーションの必要性、フィラリア等寄生虫の話など、
獣医の資格のある方に交渉中です。
薬の名前も知らない飼い主さんがほとんどです。
インフォームドコンセントの必要性を浸透させたいですね。
飼い主さんのスキルアップのために頑張ります♪

Posted by ちはりん at 2006年07月03日 03:46
★ペシミ様★

実は・・・・ミニ豚みたいな生き物飼った(買った?)そうです。
(モルモットの一種?)
アイボにして欲しかった・・・・(涙)
Posted by ちはりん at 2006年07月03日 03:50
★まるみ様★

この季節、あずかりっこのトレーニングは難しいですね・・。
なぜかと言うと、たくさんの人や犬や音や物に慣れさせたいんだけど
どうしても早朝や深夜に外に出ることになるので、機会を逸してしまいます。
でも、マロンのような、とても怖がりな子にはかえって良いかも・・と
ポジティブに考えてます。
家の中では笑顔全開なんですよ〜!!
人間はもう、大好き好きっ子です♪
ただ、カメラ向けられるとまだ怖いみたい(苦笑)

Posted by ちはりん at 2006年07月03日 03:55
★るるパパ様★

そのダックスさんの記事、明日か明後日書きますから
楽しみにしていてくださいね。
とってもハンサム君ですよ。
マロンは頑張って絞りましたが、皮はかなりたるんでます(((爆)))
でも、ウエストくっきりでナイスバディになりましたよ〜
四肢の筋肉も良い感じについてきました♪
Posted by ちはりん at 2006年07月03日 03:58
★嶋本彰様★

ご訪問&コメントありがとうございます♪
マロンはとっても学習能力の高い子です。
どこでどうすれば良いか教えてあげれば、きちんと行う。
まだ少し感情表現が苦手で、自分から甘えたり、
仲間に遊びに入れてもらいに行く事は出来ません。
どんどん自信がついてくれば、いつか、勇気を出して
自分から入っていける日が来るでしょうね。
それでも現在は「おいで」と言ってもらえるのをひたすら待っている
とっても可愛いマロンなのです。

Posted by ちはりん at 2006年07月03日 04:02
はじめました、里親募集の記事を見てから気になっていました。マロンさんの写真がオーランド・ジョーンズという俳優さんにそっくりです!
よかったらイメージ検索してみてください^^
この役者さんのファンの人とかが、マロンさんと暮らしてくれたらいいなあ〜^^
Posted by sabiane at 2006年08月11日 18:40