2006年02月16日

ジャックの頑張り

satooya.gif
クリックすると詳細記事ページに飛びます上

先週の水曜から、ジャックは人の多いM・U公園で
私に無視されながら人馴れトレーニングを行っています。
私はトレーニングを開始する際に、おおまかなスケジュールを組みます。
目標はどこで、それまでにどういった段階を踏むか、
その子にあわせて検討し、カリキュラムを作成します。
そして必ず数値化していきます。
数値化する事はとても重要で、後退が見られたらその方法はその子にあっていないか
やりすぎだと、一目瞭然でわかります。

開始日は散々でした。ふらふら
高台のベンチ(ここは人も犬もほとんど通らないのでジャック自身が様々なものを観察し、
確認するにはもってこいの場所です。)で私はひたすら無視して座ります。
まず、首輪抜けを試みること、十数回。鼻を鳴らす、穴を掘り出す、ウロウロする。
首輪抜け(肩をすくめて暴れながら首輪を抜こうとする)の際のみ
「No!ちっ(怒った顔)」とコマンド。その他の行為は一切無視。励ますこともしません。
約1時間程、彼自身が落ち着いてコマンドが聞こえるようになるまで粘り終了。

翌日木曜は落ち着くまでにかかった時間が前日より20分も短縮。
大丈夫そうなのでこの日は1時間半ほどその場にいました。
途中、従えた指示は「おすわり」のみ。ベートは口に出来ません。
帰り道もチェックします。どのあたりから引っ張ろうとしなくなり巻いた尻尾があがるか。

土曜はドラマの撮影があったし日曜は友人達とドッグランだったのでお休み。
そして2日のブランク後の月曜、この日は2時間近くの長丁場。
いつもの高台のベンチで30分ほど過ごし、かなり落ち着いているので
花壇や芝生のある人の多い広場へ移りました。これは少し早すぎたかな顔(汗)?と感じました。
私が「その場から逃げ出す」事を許さないと彼は知っているので
「お座り」の姿勢で背中を向けたまま、ずるずると後ずさりしながら私の足の間に入り込みます。
(怖がっている事を肯定したり慰めたりした場合は頭から逃げ込んできます。)
それでもいちかばちかの賭けで無視。
それくらいの事で崩れる信頼関係ならちはりんさん、まだまだって事です。
そっぽを向きながらも鼻を鳴らして「帰りたいよ〜もうやだ〜(悲しい顔)」と訴えますが心を鬼にして無視。ふらふら
天敵の「寒太郎」が遥か彼方にやってきたので1時間半粘った所で帰宅。

そして今日。



もし、昨日より嫌がったり指示が聞こえなかったり逃げようとしたら
それは昨日、やりすぎてしまったと言う事です。
少々不安は残ったけど、その不安をジャックには気付かれないように
いつもどおりの歩様で花壇のある人の多いベンチへ直行しました。



「ジャック、おすわり」



(ノ´▽`)ノオオオオッるんるんすんなり座ったexclamation1発で座ったexclamation×2
すごいじゃんるんるんすごいじゃんるんるんわーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)
飛び上がって喜びたい衝動を抑えて「そう、いい子ね。」
にやけるのを抑えてまた無視。(これって結構辛かったりする・・もうやだ〜(悲しい顔)
そこへブログには書かなかったのですがジャックの第二の天敵がやってきた。







それは・・







車(セダン) 車(セダン) 車(セダン) 車(セダン) 車(セダン)ガラガラ車車(セダン) 車(セダン) 車(セダン) 車(セダン) 車(セダン)







なんじゃそりゃ??とお思いですか?
ホラ、子供がまたがって遊ぶ、ペダルも付いてない乳幼児用のプラスチック製の車ですよ。
以前、お散歩中に子供が坂道をそれで下ってきて、ジャックはパニックを起こしかけ
ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=(たらーっ(汗)-_-)/ゼンリョクダッシュ した事があるのです。
この車を押しながら、3歳くらいの男の子が近づいてきた。
お尻が浮くジャック。すぐさま「お座り。」素直に従うジャック。(┯_┯) ウルルルルル
今日は以前紹介した真っ赤なTシャツを着せて出ていたのですが
それを見た男の子のお母さんが話し掛けてきた。
「里親さんを探していらっしゃるんですか?」
むげにするわけにも行かずジャックの経緯をお話していると男の子が
「ワンワン!ワンワン!顔(イヒヒ)」と寄ってきた。



マジカヨ・・・こっち来んじゃねぇよ・・・アセアセ( ̄_ ̄ たらーっ(汗))タラー



ジャックに、耳元で「いい子ね、そういい子」とささやく。
座っているジャックの首にやっと届くかといった背の男の子。
「ワンワン〜〜揺れるハート」と言いながら手を伸ばしてきた。

どうしよう・・・バクっどんっ(衝撃)ていっちゃったら・・・いやいや、私が疑ってどうする。
でも、万が一って事がある。カットオフ出来る位置に手を置いておこう。
ジャックの首に後ろから手を回し羽交い絞めみたいな格好で愛撫しながら
「そう、いい子、偉いぞ」とフィードバックを出し続ける。
もしジャックが飛び出そうとしたらチョークスリーパーの格好で阻止するしかない。


その時、ジャックの目の前からその子が手を伸ばしたぁぁぁぁ!


とっさにその子の手を取り、ジャックの耳の後ろに誘導。






撫ぜ撫ぜ撫ぜ撫ぜ・・(←注※子供の動作)






ジャックが幼児に撫ぜさせた・・・・。

預かり母・・感無量ぉぉぉっっ!!!!

もうやだ〜(悲しい顔) もうやだ〜(悲しい顔) もうやだ〜(悲しい顔) もうやだ〜(悲しい顔) もうやだ〜(悲しい顔) もうやだ〜(悲しい顔) もうやだ〜(悲しい顔) もうやだ〜(悲しい顔) もうやだ〜(悲しい顔) もうやだ〜(悲しい顔) もうやだ〜(悲しい顔) もうやだ〜(悲しい顔)






正直、ヒヤヒヤあせあせ(飛び散る汗)する出来事でした。でもその子のお母さんには
「こんな優しい子ですもの、きっといい里親さんがみつかりますね」と言って頂けました。
その子はその後、花壇の葉牡丹を根こそぎ引っこ抜いてお母さんに怒られ
号泣していました。泣かせたのがジャックじゃなくてホント良かったよ・・。顔(え〜ん)



里親会は近いぞ頑張れジャック!!




あらま、4パピはお邪魔だった???
0118.jpg


お問い合わせは僕の顔をクリックしてねるんるん右jack_mail.jpg

(作成:犬猫屋敷の管理人様 THANKS!)
ぴかぴか(新しい)ranking参加中ぴかぴか(新しい) 3ポチよろしゅうるんるんぺこ <(_ _)>

4papi_rank1.jpg
    4papi_rank2.jpg   4papi_rank3.jpg   

携帯からはこちら⇒人気blogランキングへ





ニックネーム ちはりん at 06:40| Comment(8) | TrackBack(0) | ジャック君の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ジャック君・ちはりんさん本当に頑張ってますね(>_<)!!
出来なかったことを克服できた時・・・ちはりんさんの感動がよくわかります。
カルも特に子供が嫌いで・・・初めて撫でさせた時やお腹を自分で見せた時は本当に感動しました!!
カルも今一生懸命成長しております♪
伸び盛りなのか目を見張るものがあるんですよ(*^0^*)♪
今週末は里親会なんですね!
当日は予定を入れてしまってるので、生ジャック君に会いに行けませんが、デビュー頑張ってくださいね!!
応援してます♪
いつか4パピちゃん+ジャック君と一緒に遊べたら良いですね(^^*
Posted by ピータン at 2006年02月16日 09:05
ジャック君、感動をありがとうっ!
ヒアリングドッグの話が書けたのでしばらくお休みします。新たにブログを開設する予定です。ただし更新はマメにできるかどうか不安だ、、
チョークスリーパーとは、ちはりん様只者ではありませんね、、ワタクシ、ペキニーズにギロチンチョーク掛けて叱ったことあります。(虐待ではありません。)
優しい里親さんが見つかるように応援してます!
Posted by ペシミ at 2006年02月16日 10:24
ジャックくんの天敵のガラガラ車…
うちのあとむもダメです。
チビッコが一人でいると大丈夫でも、ガラガラ車に乗って、それもスピード目一杯出してうちの前の坂道を下ってくると、もう怖くて怖くて「ワンワンワワ〜ン」と吠えまくります。
ジャックくんは偉いなぁ〜ガマンして撫でてもらったんですね。
うちもいつかそうなるといいなぁ。
Posted by あとむママ at 2006年02月16日 14:35
ジャック君、エライですね!
ただでさえ不安を感じているのに、知らない人になでられるなんて。
子供って急に予想もつかない動きをするから怖かったんじゃ。。。
でも、きっとその子供さんまた犬が好きになりましたね。良かった良かった。
それにしても、ちはりんさんのすばらしい対応、勉強になります。
頑張れ、ジャック君。
Posted by 犬好き at 2006年02月16日 23:13
☆ピータン様☆

課目をクリアするのとはまた別に、こういうことは本当に感動します。
今回は私の勝手な希望で里親会参加を決めてしまい、
今週は本当に過酷なスケジュールになりました。
可愛い子犬が沢山里親募集しているこの時期に、ジャックのような子は
とても里親さがしが難しいと思います。
だからこそ、少しでもいつものジャックの姿を見ていただきたいと思ってしまいました。
ずっと私が飼うのなら、散歩しながら時たま出会う相手に少しずつ脱感作していったと思います。
でもジャックはへこたれず、ついて来てくれました。
ピアカルちゃん達とは本当に遊ばせたい!!
先日のドッグラン遊びもダックスばっかりだったんですよ(笑)
Posted by ちはりん at 2006年02月17日 06:11
☆ペシミ様☆

いやいや^^;本当にそういう格好になってしまったので・・(汗)
ギロチンチョークって・・・あ、でもWozくんなら自然とそうなりそう(笑)
ブログ開設ですか!!!そりゃまた嬉しいニュースだね♪
Posted by ちはりん at 2006年02月17日 06:12
☆あとむママ様☆

あれはワンコはみんな怖いですよねぇ。
やっと小さい子に慣れて来たと思ったらガラガラ車のせいで
子供=ガラガラ車となってしまって、しばらくは子供見ただけで逃げてました。
それまでずっと無視され続け、その時やっと励ましてもらえたんで
頑張れたのかも・・なんて、少しだけ思っちゃってます♪
Posted by ちはりん at 2006年02月17日 06:12
☆犬好き様☆

本当にそうなんです。予測不能な動き。
これが犬にとってはとてつもなく恐怖なんですよね。
でも普通、幼い子のお母さんはそんな事には気付かない。
私も犬嫌いな人に気付かないうちに嫌な思いをさせているかもしれない。
自分の犬たちだけじゃなく、色んなモノに思いやりの気持ちを持って
アンテナ張れる位の余裕が欲しいな〜なぁんて・・・無理ですね・・^^;
Posted by ちはりん at 2006年02月17日 06:13
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/200283

この記事へのトラックバック